保育園・保育所について

保育園は保護者が働いている・病気であるなどの理由で、十分な保育をすることが困難な場合保護者に代わって保育をしてくれる施設のことです。
一般に保育園と言われていますが、法律上の正式名称は保育所です。


公立施設を保育所、私立を保育園と呼んだり、面積が広い施設を保育園、狭いところを保育所と呼んだりするケースがあります。



保育所は認可保育所と無認可保育所の2つに分類されています。

認可保育所は一定の基準を満たし、都道府県・政令指定都市などから認可を受けた保育所のことで、無認可保育所はそれ以外の保育施設のことです。

「無認可」という言葉があまりいいイメージを与えませんが、良質の保育所も多いです。そもそも「一定の基準」というのが、幼児一人当たりの床面積や保育士の数、園庭の広さや調理施設があることなどですから、前者の基準はともかく、後者の基準は「大都市市街地では難しいのではないか」と言わざるを得ません。


待機児童の問題もクローズアップされているように、ほとんどの保育園は定員いっぱいで良質でリーズナブルな保育料の公立の保育園さがしは非常に困難です。子供を預ける予定が事前にわかる場合は綿密な準備が必要です。
まず、子供を保育園・保育所に預ける開始時期についてですが、年度が変わる4月スタートがほとんどです。

この4月時保育開始の募集の締切がだいたい前年の12月や同年の1月くらいです。


詳しい入園要件は地方自治体によって違い、保護者が求職活動中でまだ就職していない場合や近い親戚(祖父母など)が徒歩圏に住んでいる場合などは、入園願書を自治体が受け付けてくれないケースもあります。また入園優先順位が、一人親家庭かどうかや世帯収入、保護者の職業(例:自宅で自由業)などで決まることもあります。



最近は保育園・保育所の待機児童状況や自治体の入園要件によって住む場所をさがす・引っ越すという話もめずらしくありません。
第一希望では通らず第二希望の園になるというケースは当たり前というのが実情です。

早めの準備、保育スタート後のバックアップ体制作りが非常に重要です。